混乱しがちな英語」カテゴリーアーカイブ

No.0131 する! pull off

暖かくなりましたね。

スポンサーリンク

今回は「pull off」を紹介します。 この意味合いとしては、doやhandleと同じです。いまいちピンときませんね。

★ネイティブの表現
I think we might be able to pull off a party of eight for Toriki.
鳥貴で8人パーティーできるかもしれないね。
ご存じの方もいると思いますが、鳥貴族では8人いると食べ飲み放題のプランを注文することができます。

pull offは難しいことに対してやり遂げるという意味で使われることが多いようですが、上記のように〜をすると表す場合にも使われます。

We still have a chance to pull off our job.
仕事をやりとげるチャンスはまだあるよ。

This job you are applying for seven days a week, do you think you can pull it off?
1週間7日出勤のこの仕事、できると思ってるの?

I somehow managed to pull off the last mission.
何とか最後のミッションを成し遂げた。

ちなみに、pull offは脱ぐという意味もあります。セットで覚えましょう。

スポンサーリンク

では!!

No.0127 添付ファイルを送って attached

昨日、B’zのライブに行ってきました。京セラドーム最終日でした。

スポンサーリンク

今回は「attached」を紹介します。 添付された、付いているという意味です。

例文です。
★ネイティブの表現
Send an email with the files attached to it.
メールにファイルを添付して送って。

The introduction for this device is attached to the CD.
この機器の説明書はCDに付属されている。

The document file attached to the mail you sent this morning is broken.
今朝送ってくれたメールの添付ファイル壊れてるよ。

The sticker that was attached to this snack is gone.
スナックについていたステッカーがなくなった。

もう何度もB’zのライブに行っていますが、稲葉さんの声は衰えることを知らない、というか若い頃よりも野太く深みを増している気がします。
この人がどこまで歌い続けるのかこれからも追いかけていきます。

スポンサーリンク

では!!

No.0124 whetherの使い方

むちゃくちゃ寒いですね!!!

スポンサーリンク

今回は「whether」を紹介します。 ~かどうか、ifと同じ意味合いですが改めて確認しましょう。

例文です。
Let’s see whether he will make it or not.
彼は間に合うかなどうかな。

以下のように、or notを省略しても構いません。
Let’s see whether he will make it.

また、以下のように、whether or whether notを先に置く言い回しもあります。
Let’s see whether or whether not he will make it.

Redいわく、口語表現としてはor notは自然とセットで用いられることが一般的だそうです。

I’ve been thinking for a long time since some point whether I’d be a hero or a villain.
いつからか長いこと考えてるんだけど、ヒーローになるか悪者になるか。

We gotta find out whether the weather will be sunny or rain tomorrow.
明日晴れか雨か確認しないと。
ちなみに、天気のweatherとwhetherは同じ発音です。ややこしいですね。

It depends whether or whether not I can sing the high notes.
高音が歌えるかどうかによるね。
high notesは高音という意味です。

自分のしっくりくる言い方をマスターすればいいと思います。

スポンサーリンク

では!!

No.0116 preferとrather

今年のクリスマスはホテルのランチブッフェに行きます。

スポンサーリンク

今回は「preferとrather」を紹介します。 いずれも~を好むと表現する場合に使います。

例文です。
I prefer using books than the Internet to look up words I don’t know.
分からない言葉を調べる時はネットより本を使うよ。
thanはoverやtoに置き換えられます。ですが、お互い何の話をしているのか分かっている場合にはわざわざこんな表現をする必要はありません。
I prefer books.
これだけで構いません。

Do you prefer going to Hawaii than Okinawa for a trip?
旅行で行くなら沖縄よりもハワイの方がいい?

比較する両者に認識がない場合や、誰かにどちらか尋ねられた場合にはwouldを使って表現するのがナチュラルです。

I would rather stay home than go out during a day off.
休みの日は外出より家にいる方がいい。

I would rather ET over AI.
I would prefer ET over AI.
I would rather ET than AI.
I would prefer ET than AI.
I would rather ET to AI.
I would prefer ET to AI.
AIよりETが好きかな。
上記いずれの表現でも同じ意味合いですが、Redいわくoverが最も会話向きの表現でナチュラルだそうです。toはテキストっぽいと言ってました。

私も少しその傾向がありますが、正しい英語を言おうと思うとなかなか言葉が出てこないので、とにかく思ったことを口にするのが大事だと思います。会話では何よりも瞬発力が求められるので。

スポンサーリンク

では!!

No.0110 commitするってどういうこと?

我が家もついにDVDレコーダーを買いました。
これで好きな深夜番組を録画できます。

スポンサーリンク

今回は「commit」を紹介します。 結果にコミットする、とよく耳にしますが、あれってどういうことか視聴者の人は理解しているのでしょうか。

例文です。
He was in the prison for five years for a murder he didn’t commit.
彼は無実の殺人罪で5年間刑務所に服役していた。
commitはよく罪などを犯すという意味で使われます。
ちなみにこの例文はある海外ドラマのオープニングで使われていました。

When I was younger I committed a few crimes and got arrested for them.
若い頃、何回か罪を犯しそれらによって逮捕された。

I will commit to protect you.
君を守ることを誓うよ。
commitには誓う、約束するといった意味もあります。

★ネイティブの表現
He was committed into the hospital the other day.
彼は先日病院に収容された。
上記のように収容されるという意味としても使われます。この例文はRedに考えてもらいました。

最後に結果にコミットするですが、あれは結果にこだわる、傾倒するという意味です。
結果に全力を尽くしましょうということです。

スポンサーリンク

では!!