映画に関する英語」カテゴリーアーカイブ

No.0073 映画に関する表現

先日、It Followsというホラー映画を見ました。
得体の知れないものが追いかけてくるという内容です。

スポンサーリンク

今回は「映画に関する表現」を紹介します。

まず、映画はmovieの他にfilmflickと表現できます。Redはよく映画のことをflickと言います。

Who starred in that movie?
あの映画の主演は誰?

My son is gonna star in a new Steven’s movie. I’m so proud of him.
息子がスティーブンの新作に主演するんだ。誇りに思うよ。

star inで主演するという意味です。
主演を名詞で言うには以下の表現があります。
(ちなみに脇役は、supporting roleです)
main role
lead role
starring role

He has a main role in the movie.
彼はその映画で主演する。

出演者全員が主役級の位置づけの映画は、ensemble castといいます。
例えばでいうと、Gleeがそうですね。Gleeは映画ではありませんが。。
Glee has an ensemble cast.

The running time is two hours.
上映時間は2時間です。
running timeで上映時間と表わすことができます。

上映時間はどれくらい?と聞く場合はシンプルにhow longを使うといいです。
How long is the movie?

エンディングロールは、end creditsです。
たまにエンディングロールの後に少しだけ映像が流れる映画がありますよね。あれは、hidden sceneといいます。

I watch franchises not in sequence sometimes.
たまにフランチャイズ映画を順不同で見ることがあるよ。
in sequenceで順番にという意味です。

スポンサーリンク

では!!

No.0011 屁を説明して Describe your fart

Redから以下のメッセージが送られてきました。
Describe your last fart using only a movie title.

スポンサーリンク

ということで、今回は「Describe your fart」です。

Describeは説明するや述べるという意味があります。Fartは屁のことです。屁をするという動詞の意味もあります。
要は映画のタイトルであなたの屁を表しなさいということです。

それと共に以下のメッセージも送られてきました。
Someone posted this on Facebook and so many people kept writing movie titles that associate with their fart.
誰かがフェイスブックにアップして、みんなが屁と関連付けた映画のタイトルを書いてる。

誰かがって誰なんでしょうね。
associateは交際するという意味の他に、関連付けるという意味もあります。

Redは以下の通りdescribeしました。
I describe my fart as Fast & Furious.

Fast & Furiousは映画「ワイルド・スピード」の原題です。
Furiousは激しいとか猛烈という意味があります。
俺の屁はワイルド・スピードのように速くて猛烈だ、ということが言いたいのでしょうね。

あとは、以下の映画でもdescribeしました。
It Follows.
これはホラー映画なんですが、屁が追いかけてくるという意味です。

The Sound Of Music.
ミュージックのように屁の音がいい響きだという意味です。

ということで、皆さんもよければ屁を映画のタイトルで例えてみてはいかがでしょうか。

Redと映画の話しをしていて、ちょいちょい話しが通じないことがあります。
それは原題と邦題が違うからです。
日本語のタイトルをつけるならまだ分かりますが、あえて別の英語のタイトルをつけるのはなぜでしょうか。おそらく言いづらいということもあるでしょうが、それにしてもって感じです。Fast & Furiousはそのままでいいような気はしますけどね。

日本語のタイトルでなんじゃそら!と思わず突っ込みたくなる映画の代表格が「幸せへのキセキ」です。マット・デイモンが主役の動物園を舞台にした映画です。
原題は、「We Bought a Zoo」です。
動物園を買いました→幸せへのキセキ。。。
なぜ。。

スポンサーリンク

では!!

No.0007 上映(スケジュール) screening

Redとたまに映画を見に行きます。
はホラー映画が好きなので日本のホラーもたまに見ます。日本語は分からないので、映像と雰囲気でしか楽しめませんがホラーであればそれだけで十分ですよね。

スポンサーリンク

今回のフレーズは「screening」上映(スケジュール)です。 screeningは上映という意味があります。

例文です。
Have you checked the screenings?
上映スケジュール確認した?
映画を見に行く時によく使う言い回しです。

I’m gonna check the screenings first.
先に上映スケジュール確認するよ。

What time is the screening?
上映時間何時だっけ?
この場合はthe screeningと特定しているので、見る映画の回が決まっています。

What time are the screenings?
何時の上映があるかな?
この場合はthe screeningsとしているので見る映画は決まっていますが、どの回をみるかは決まっていません。

Are there any midnight screenings?
あそこレイトショーあった?
midnight screeningでレイトショーと表現できます。

There are two screenings for Die Harder at Lucoa.
ルコアでダイハーダー2回上映があるね。

Screening以外で使えそうな表現も紹介します。

What’s on at the theater?
今何の映画やってるかな?
What’s playing?でも同様のことがいえます。

When is that movie coming out?
あの映画いつ公開?
come outは出てくるという意味があります。

ちなみに、映画の予告はtrailerです。
シリーズ物の続編はsequelで、物語の舞台が過去を描く続編はprequelといいます。例えば、時系列で過去を描いているスターウォーズなんかはprequelですね。
これらは映画の話しをしている時によく使います。

最近はprequelの作品が増えてきたような気がします。続編やのに過去って何やねんって気はしますが。一度ヒットするとそれに固執するやり方は大概が失敗するような気がします。

私が学生の頃は映画を見る時は自由席だったので早い者順でした。人気のある映画だと上映前から長蛇の列ができていました。あの頃を経験しているからこそ今はとても楽だと実感できます。
映画館の醍醐味は大きなスクリーンと音響ですが、特にホラー映画は映画館で見る価値があると最近は思います。

スポンサーリンク

では!!