No.0020 Neitherの使い方

Nor同様、敬遠したくなる単語の一つがNeitherではないでしょうか。
この言葉ってなんか見た目的にすんなり入ってこないですよね。

スポンサーリンク

ということで、今回のフレーズは「Neither」です。 どちらも~ないという意味があります。合わせてeitherも紹介します。

まずはRedの例文から紹介します。
内容はアメリカ大統領選についての意見です。
I root for neither of them. I think Obama was good. But I suppose Hilary is more experienced in politics whereas Trump is just a businessman.
どちらも応援しないよ。オバマは良かったけど。ヒラリーは政治経験があると思うけど、トランプはただのビジネスマンだね。

I root for neither of them.
どちらも~ないということなので、どちらも応援しないという意味になります。注意しないといけないのは、動詞が否定形ではないということです。この辺りは以前に紹介したNorと同様です。

I need neither of them.
同様に、どちらも必要ないという意味です。

I need either of them.
eitherはどちらか一方という意味なので、この場合は片方が必要ということになります。

I wanted neither of them.
どちらも欲しくなかった。

I didn’t want either of them.
片方も欲しくなかったということなので、どちらも欲しくないという意味になります。

They were nominated in two categories but didn’t win in either of them.
彼らは二つのカテゴリーにノミネートされたけど、どちらもダメだった。

He has a problem with either my father or my mother, I don’t remember which one though.
彼は僕の父か母どちらかとトラブってるんだけど、覚えてないわ。

Neither of us has much time.
私たちはあまり時間がない。

I don’t like both.
Neither do I.
よくある使い方としては上記のように否定文に対して同調する場合です。肯定文には使えません。
動詞の時制によって、Neither did IやNeither have Iと変化します。

あとは、neitherとnorを組み合わせた使い方です。
どちらも~ないという意味です。例文を見ればわかりやすいと思います。
I’m neither with you nor against you.
あなたに賛成でも反対でもありません。

I’m neither a businessman nor a superman.
私はビジネスマンでもスーパーマンでもありません。

I speak neither Japanese nor English.
日本語も英語も話せない。

いかがでしたか。先入観で複雑だと思い込んでしまいがちですが、そうでもないことがわかると思います。とはいえ、実際の会話で使うにはかなり意識しないと出てこない言葉ですが。私もRedと話している時に、否定文に対して相槌を打つ時に思わず「Me too」と言ってしまいそうになります。反射的に言葉が出てくるまで繰り返し練習しましょう。

Neitherの兄弟分のeither orに関する記事も合わせてご覧ください。

No.0090 ~かどちらか either or

では!!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket