No.0183 死ぬほどしたい die to do

相変わらずマスク不足です。

スポンサーリンク

今回紹介するのは、「die to do」です。死ぬほど〜したい、wantよりもはるかに何かをしたい気持ちが強い表現となります。

例文です。

I have some new flat bread I’ve just been dying to show off.
もうホントに見せたかったフラットブレッドあるのよ。

上記はデスパレートな妻たちからの引用です。ブリーという主婦が友達の前で発した一言です。パンを作っては誰かに配りたがるという人です。show offは見せびらかすという意味があります。

I’m dying to see you.
会いたくてたまらない。

I could just die to have some egg nog right about now.
ただ無性に今はエッグノッグが食べたい。

I’m dying to eat a hamburger since I watched a MacDonald’s commercial.
マクドのCM見たからかめっちゃハンバーガー食べたい。

I heard that place is awesome. I’ve been dying to go there!!
あのお店は最高って聞いたよ。めっちゃ行きたかった。

I want to die to see that movie、等とは言わないので気をつけましょう。die to do自体がwantよりも強い表現となります。

日本語でも、死ぬほど〜したいって言いますね。英語でも共通なんですね。でも日本語の場合は、死ぬほど美味い、死ぬほど不味い、両方いけますが、英語はどうなんでしょうか。I’m not dying to doとは言わないような気はします。

では!!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket