No.0208 would have 過去分詞

あの時〜していただろう。いや、していません。

スポンサーリンク

今回は「would have 過去分詞」です。should、mustに続き助動詞 have 過去分詞の第3弾です。

日本語訳だと、〜だっただろうとなっていますが実際にどう使われているのか例文で確認しましょう。最初の4例はデスパレートな妻たちからの引用です。

She wouldn’t have been there if we weren’t having an affair.
僕らが浮気しなけりゃ彼女はあそこにいなかった。

もし〜なら〜だった、この表現はよく使うと思うのでマスターしたいですね。

My sister would have been touched.
妹は涙を流してるでしょうね。

Those boys would’ve been better off raised by wolves.
子供たちは狼に育てられた方がマシだったんじゃない。

would be better offはセットフレーズで〜した方がよいという意味になります。

I would have ended up exactly like Tom ten years from now.
10年後にはまさにトムみたいになってただろうね。

次の2例は友人Redからのメッセージを紹介します。

I was watching snowboarding, I thought Japan would’ve excelled at it, but unfortunately fell a bit short during qualifications.
スノーボードを見てて、日本が優ってると思ったけど残念ながら予選で落ちちゃったね。

The Cured reminds me of the kind of movie poster I would’ve hung up on my ceiling and would be the first image I’d wake up to.
The Cured(という映画)ときたら最初にイメージするのは天井に貼ってたあの類のポスターだよ。

このwould’ve hung up on my ceilingは、仮定の話(天井に貼っていただろう)ではなくて、実際に貼ってたことを意味しています。

では!!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket